maylee's garden

~英語学習ときどき足踏みミシンでお裁縫~

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.20.Thu

♪第188回 TOEIC公開テスト受験記♪


3月16日の日曜日、第188回TOEIC公開テストを受験してきました。隣県での受験は3回目、昨年リスニングでコケた3月、800点をとった7月、そして今回の受験です。

回数を重ねるごとに、受験を繰り返し続けることが本当にありがたいことだと噛みしめずにはいられません。私が夫の立場だったら「何回受験すればこの人は気が済むんだろう」って思うかもしれないのに、夫を含め家族はこうして何も文句を言わずに送りだしてくれる。本当にうれしいし、ありがたい事だと今回は特に思いました。当日は家族を私が受験することでバタバタさせたくなかったので前日の夜に洗濯物を干し、朝早く自分の弁当も作りました。朝ごはんの支度をしていたら夫が起きてきて私の弁当を見て「せっかくお弁当作ろうかと思ったのに」と言ってくれたのは嬉しかったです。娘と次男にゲン担ぎの「8踊り」をしてもらいハイタッチを交していざ出発!

自転車で駅へ向かっている時、後ろから車に乗った夫と子供が追い越して行きました。実家の犬の散歩に行くと言っていたので少し遠回りになるけど、私の後を追ってきたらしいのです。窓がブーンと開いて、長男がでかい声で「ふぁいとーぉ!!」と叫びました。「みんなーありがとー!!」と前を行く車に手をブンブン振る私。長男よ、ファイトが必要なのは君の方でしょうが・・・とツッコミを入れつつ、自分のことで大変なのに母のために大きな声で応援してくれるのがとても嬉しくて涙が出そうになりました。



郊外の女子大であったため、市街地へ向けて走る高速バスではなく電車を3回乗り継いで会場に着きました。乗り換え案内表を夫に作ってもらっていたのでその紙を頼りにサクサク乗り換えを済ませ、11時30分に目的地到着。いえい!
11月、県内の大学での受験の移動で、閉まりそうな電車に飛び込んでから乗客に行きたい駅を確認して間違えに気付くというキャリアがある私に、「ええか。乗り換えだからといってそこにある電車に乗るな。乗り場の番号を見て移動しろ。」と夫に言われ、「へいへい。」とその通りにホームの番号を頼りに乗り換えすると何とスムース(バカ)。もっと早く夫を乗り換え案内の下請けとして使っとくべきだった。

天気も良かったのでキャンパス内のパティオで鮭おにぎりふたつとバナナ1本、キットカットを一個食べて腹ごしらえ。トイレ捜索しているうちに受付時間になったので早目に受付へ。会場は小さい教室で30人くらいの受験者でした。こんなに人数少ない教室はじめてかも。前から3番目だし、2人がけの机はしっかりコロが固定されていたのでグラグラ揺れないのでナイス。椅子もクッション性がある柔らかい椅子なので座布団必要ありませんでした。12時にメガシャキを教室の外で飲み、30分の内に2回もトイレに行き入念に自分から水分を追いだしました。12時30分までの時間は心を落ち着けるとともに、最後まで気がかりだったL、part3,4を公式5で先読みの調整を軽くしました。

お隣の席の男性の受験者さんも来たところで試験の説明・音テストと進み、いよいよスタート。

Part1
特に迷うような問題はなく解き進めました。無生物かつ風景の写真(特に建物と湖畔が木で仕切られたようなもの)が苦手なのですが、こんなフレーズか来るんじゃないの、と予想することが出来たので消去法を使ってしっくりくるものを選びました。

Part2
15問目までは「かかってこいや~!」といい調子で進めていたのですが、後半になって、頭の部分を聞き逃してしまったものが数問ありました。アナウンスで男性、男性、声の低めの女性、と続いた問題の後に高い声の女性の質問がきたことで頭を聞き逃してしまいました。「やばいな・・・」と思いつつも「集中しろ~~~」と自分に言い聞かせて取り組みました。

Part3,4
直前までの軽めの先読みの調整が効いていて、設問も選択肢もいいリズムで先読みが出来ました。しかーし、隣の男性受験者が「なぜココで消しゴムをそんなに使ってるんだ??」というくらいごーしごーしやっている。消すタイミングから見てどうやら問題用紙に書き込んだ跡を次のアナウンスの前にごーしごーし消している模様(#`-_ゝ-)ピキ 「何だこの人~、不正行為しやがって~。ぬ~!」と腹が立ったけど、「他人を気にしている場合ではナイぞ。私は自分の今やれるベストを尽くすのだ!」と我に返り、アナウンスに追いつかれつつもギリギリで逃げ切りました。何問かで最初の問題の選択肢が中々選べず次の問題に支障をきたしたことがありました。恐らく森の問題です。こういう時は次の設問の問題を待ち構えていた方がいいというのが頭で分かっていても視線がその問題からそらせずプチパニックになりました。目だけが金縛りにあったような感覚です。リスニングの調整不足を感じました。これからの課題です。

Part5,6
これは一番心配です。とにかくPart7に時間を温存しないといけなかったので、前置詞問題は5秒考えて分からなかったら次、これはこれ!これは分かんないから勘!みたいに一気に駆け抜けたのを覚えています。一問、ペア問題(both ~and~のタイプの問題)がありましたが、おいしい問題をド忘れしてしまってすっごい汗かきました。何十秒も固まってしまいました~(泣)それがくやしいです。家で調べたら、文意をとらないといけないペア問題でした。自分がどっちを選んだか覚えていないので正解したのか誤答したのかは不明です。比較的分かる問題と時間をもぎ取る問題(捨て問)を仕分けしつつPart6もこの調子で。時計を見ながら加速して解き終わったのは14時8分でした。これで53分Part7に充てることができます。

Part7
SPの序盤の問題はふらふら綱渡り状態で解いた気がします。あまり覚えていません。中盤はペースが落ちました。英文の上を視線が滑るだけという悪い癖が出てきました。癖とともにヘンな汗が出てきて問題用紙をさわる指も湿ってきて、ここで本格的に心が折れそうに・・・。ここで踏ん張るんだ、みんな(ぴあの塾の塾生)もきっと苦しいはず、あ~でも今回は学習量が足りなかったから仕方ないよ~~と悶々としながら心の中で弱音を吐いていると、ふと長男の顔が思い浮かび「ふぁいとーぉ!」というが声も聞こえたような気がしました。ここで正気を取り戻し、過去は振り返らずに「DPまであと7分。SP7問いける」と仕切り直して目の前の問題に食らいつきました。そしてラストのSPを塗りつぶす決断をしてDPへ突入。お花屋さんに関するやりとりの問題が出てきました。お花の名前や商品についての関連語句がスイスイ入ってきて精神的に楽になりました。しかし語彙問題は難しくて正解を選べたかどうか不安なままですが、最後の数分は師匠に教えてもらった必殺テクで塗り絵を最小限にとどめることが出来ました。そして、「終了時刻になりました。」塗り絵10問です。


まとめ
夢中で駆け抜けたのであまり覚えてないのですが、諦めずに最後まで目の前の一問に取り組む、という目標は達成できたと思います。スコアはどうなってるか分かりません。正直800点ないかもしれません。でも、今後につながる課題は掴めたのでこれからも受験しようと思います。
疲労困憊でふと隣の受験者を見るとなんとまあ大量の消しカスが!!練り消しでも作るんかい!と心でツッコミを入れて会場を出ました。

帰りは途中まで電車とても混んでいました。ほとんどがTOEIC受験者です。
しかし途中から人も減り、座れるようになり、ビールを飲みながら車窓から宮島の大鳥居を眺めました。この達成感はいつ味わっても良いですね~♪結果は別として(しつこいw
)帰りの乗り換えも成功してスケジュール通り家に着きました。


スポンサーサイト

コメント

2014.03.22.Sat

お疲れ様でした~

迫真のレポありがとうございます。
スタプラにもBBSにも感想がなかったので、もしや!と思いここにきてみたら、こんなにも詳しいレポが!
読みながら、そうそう!とうなずいたり、いけ~~~と思わず声をかけながら読みました。

・入念に自分から水分を追いだしました
・練り消しでも作るんかい!

という、maylee節のところでは大笑い~
やっぱりmayleeさんの文章はおもしろい。

それにしてもこの1年でよくぞここまで~という似っぱなTOEICerになったな~と何だか読みながら静かに感激をかみしめてもいました。

8ダンスの場面と後ろからの車、そして長男さんが声援する場面、しっかり映像が浮かびました。試験中にそうした家族の支えが折れそうな心を踏みとどめてくれるんですよね。

こんな風に自分のベストを出し切れたんですから、もうスコアなんて関係ないという気分ですよね。宮島を見ながらのビール、おいしかっただろうな~。お疲れ様でした!!
2014.07.02.Wed

ぴあのさんへ

師匠!コメントありがとうございます。

3か月前に受験したのになんだか遠い昔の事のように感じる今日この頃です。
そしてTOEIC大好きです♪

現在は長男の気持ちに寄り添う毎日ですが、あの頃ぴあの塾で私がTOEICに打ち込こんでいた時間は私の第2の青春のようにも感じます。自分が自分を信じて目の前の目標に向かってやってきた過程に後悔もないし結果までもがついてきたことで、自分が強くなったような気がします。強さというのは、子育て正念場でも子供を信じることもできるし、子供をありのままに受け止めることです。そして、子供と一緒に人生を楽しむ!

わたしに道しるべを示してくれたぴあのさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mayleesgarden.blog51.fc2.com/tb.php/225-e3368e95

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。