maylee's garden

~英語学習ときどき足踏みミシンでお裁縫~

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.30.Mon

♪手作りカルタで一人楽習♪

11月17日に行われるTOEIC公開テストの申し込みを済ませました。

今年はこれが受験納めです。何とか800点代を死守してあわよくばAクラス860点への足掛かりを掴みたいと思っています!!

「ぴあの塾の名にかけてっ!!!」あ、それをいうなら「じっちゃんの名にかけてっ!!!」かw

さて、最近の学習状況ですが、StudyPlusに記録しながら時間がある時もないときもコツコツやっています。

『Breaking News English(読解力強化)』『金のフレーズ(語彙強化)』『曜日教材(日替わりで割り当ててある教材)』で学習していますが、そろそろ『究極の模試(実践形式での強化)』もいれて3本柱+『曜日教材』で11月TOEICまで頑張ろうと思います。

その中で『金フレ』はスコア860点レベルまでの900語と『パート1重要語100』を完璧にマスターすべく地道に続けております。パート1で「コレだ!」と自信を持って選べるのは7割くらいで、あとの3割は消去法で切り抜けているのが実際のところなのでスタートダッシュでもあるパート1を今回から固めることにしました。

そこで、こんなものを作りました。『パート1重要語カルタ』~~~。

お菓子の箱の中に名刺大のカードがはいっています。

P1060620.jpg


この名刺大のカードには金フレのパート1重要語の英文が一文づつ書かれていて、裏面には和訳が書いてあります。

P1060612.jpg

ここでポイントなのが、馴染みのない言い回しや語彙が出てきた時は和訳を書いている面にその文章の情景のイラストを簡単に書きます。本番で似たような写真を見た時に関連した語彙がとっさに思い出せるようにするためです。

P1060611.jpg

下手くそですが、絵の上達が目的ではないのでいいんです!!

今日現在で、100語のうち20語を学習済みなのでこの箱の中には20枚のカードが入っています。

このカードを色々と工夫して飽きが来ないように反復し定着を図ります。

遊び方①  『スピード5』

箱の中から無作為に5枚を選びます。

P1060620.jpg

和訳を見て瞬間英作文をします。

注意点としてその文の情景を必ず頭に描きながらナレーターになったつもりで音読します。

慣れてきたら次の日からストップウォッチで5枚をタイムアタックします。

アタックチャンスはお一人様一日一回限りとなっております。(私しかせんっちゅーの(^_^;))

その日に選んだカードは輪ゴムで縛ってまた箱の中に返して、次の日は輪ゴムでとめた束を取り出してから新たな5枚をひいて同じ要領でチャレンジします。

*     *     *     *     *     *

遊びかた②  『ひとり16』

だいぶ定着して来たらこんな遊びも考えています。タテ4枚ヨコ4枚で計16枚のカードを並べます。

表は「英文面」で揃えます。そして、一枚を選んで音読して和訳します。その時もしつこいですが、写真の情景を思い描きながら和訳します。言い終わったらひっくりかえして答え合わせをします。

次はどれにいくか。ただ下に順番に行ってもいいんですが、せっかく16枚あるのでタテ、ヨコ、ナナメで直線が走るようにチョイスしていけば少し楽しくないですか?ほら、タテとナナメがそろいましたよ!!

P1060617.jpg

中学生の頃『25』というマス目を使ったゲームが休み時間に流行りましたが、そのやり方です。

『25』は5本直線ができたら勝ち抜けですが、『ひとり16』は全部裏面にならないと終わらないタフなゲームです。

上の説明では表にする面を『英文面』に揃えました。慣れるまでは、全部「和訳面」で、明日は「英文面」で。というふうに揃えることをお薦めします。

なぜなら、ランダムに並べてしまうとどれを裏返しにしたのかこんがらがってしまうからです。

これではエンドレスになりいつまでたっても終わりません。(そんなやつおるかーっ??)

片面に付箋を貼るという手もありますが時間と手間がかかるので現在見合わせ中です。

*     *     *     *     *     *

カルタシリーズには『英文法出るとこだけ!』の『品詞カルタ』というのもあります。

これはパート5をしばらく解かなかったら忘れてしまうので暇を見ては今もやっています。

これは単語帳サイズです。表に『名詞』『動詞』『形容詞』『副詞』とかいた単語帳と『-ous』『-full』『en-』

等々品詞の語尾を書いています。
P1060629.jpg

そして、各当する品詞のカードの下に語尾が書いてあるカードを見て下に並べていきます。
P1060627.jpg

語尾の書いたカードの裏にはその形をとる単語が書いてあるので裏返して答え合わせをして、お片づけしながら単語の復習もできます。

P1060628.jpg

カルタは「前置詞VS接続詞」などもあってたまに遊んでいます。

P1060631.jpg

私のカード入れです。

自分らしく続けている学習法の1つ『カルタ』をご紹介しました(*^_^*)


スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。