maylee's garden

~英語学習ときどき足踏みミシンでお裁縫~

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.31.Sat

♪第182回TOEIC公開テストアビメ分析♪

あの800点獲得の感動の嵐から一週間後、公式認定証とアビメが届きました。

LAM(89,93,100,87)

RAM(63,89,64,66,72)

Lはパート3で初めてのノーミス。うれしい! パート4は集中力を欠いてしまったのか8問ミス。悔しい。

Rです。前回はより落ちているのは語彙です。87→66(ToT)/~~~落ちました。

課題は私のポイントゲッターであり、リーザルウェポン(大ゲサw)であるリスニングの精度を保つこと。

「多聴、音読、暗誦」を組み合わせながら工夫して頑張ります。

Rは引き続き「読解力強化」「文法の定着」「語彙強化」これに尽きます。

*       *       *       *

「読解力強化」でやっていることは、『Breaking News』を使った精読です。

そこで注意するのは頑張って"harder"の記事を選ぶことw 

なぜかというと"harder"レベルを読めるようになるとパート7の長文がうんと楽に読めるからです。

そして、ビジネス系、経済系、科学系の記事を選ぶことです。

あえて果敢にも私の苦手としているトピックに喧嘩を売りますw 苦手トピックへのアレルギーを減らすためです。

読みこむ記事を決めたら、ぴあのさんに教わった「読解力UPに効果的な記事の使い方」を軸に一日一時間を精読に充てます。

それと、スタプラの「ぴあの塾コミュニティ」の900点ホルダーの塾生のみなさんの学習法を取り入れてます。

構文が分からない文章があれば「Forest」で確認。意味が取れないときは元になったソース記事を読みにいったり

記事の表現レベルを6から5,4に落として内容を掴みます。しかし、レベルを落とすよりソース記事を読む方が断然参考になります。

レベルを落とすとあまりにもザックリとした文章になり下がっているのでたまにがっかりさせられます。

例えるのが上手な我が師匠、ぴあのさんの弟子としてその状況を例えてみます。

硬~い入れ物のフタを力いっぱいひねった後(レベル6の記事を読んで苦労した後)に別の方法(レベル4を読むということ)でトライしたら、いきなりパッカ~ンッ!と空いたけど中身は「え?これだけ?こんなんじゃ何の足しにもなんないよ~~」という感じです。

ですので、ソース記事を読むのが一番いいです。難しいですがたくさんの情報があるのでどれか一つは私でも意味が拾える文章があります(^_^;)

一週間しっかり1つの記事と向き合った後は、ご褒美として大好きな音読三昧。

一週間その記事を『白文読み』します。

記事にスラッシュや矢印、語彙の意味を日本語でいっさい書き込んでいない、さらの状態の記事を再度印刷し、それを一日5回音読。一週間で音読ノルマ35回です。

目的は英文の意味を語順の通り、読み返りせずに処理できるようになることです。

これも、知恵の宝庫「ぴあの塾コミュニティ」で教えてもらった学習法です。本当に参考になる、やる気をかき立てられるコミュです。

最近発見したのですが、「Breaking News」は「LISTENツールバー」がアメリカ英語とイギリス英語で読みあげてくれるのです。

それをリッスン&リピート、シャドーイングを毎日繰り返し、一週間後に音声の完全コピーを目指します。

それがとにかく楽しい!!初日はしどろもどろで誰にも聞かれたくない音読ですが、続けていくと日に日に少しづつですが、なめらかに音読しているのが分かってきます。

リエゾンやスピードに乗る箇所などが英語らしくカッコ良いです。でも、あくまで目的は英語の語順を体にしみ込ませる事なのでそのことを強く意識しながら読んでいます。


それでは来週の精読記事をまた選びに行くとします!!



スポンサーサイト

 | HOME |  OLD »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。