maylee's garden

~英語学習ときどき足踏みミシンでお裁縫~

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.21.Sun

♪第182回TOEIC公開テスト受験記♪

5回目の挑戦となるTOEIC公開テスト。7月は県内での開催はないので隣県まで高速バスで行ってきました。

夫が仕事だったので、両親に子供たちを託し、数千円の養育費を渡していざ!!

高速バスに慣れていないのでキョロキョロしましたがバス停には出発15分前にもかかわらず長蛇の列。

女子高生がたくさんいました。お友達同士で買い物に出掛けるのかな~と思っていたらみんなバッグにデカイうちわを数個持っているではありませんか。おばさんは気になって聞いてみた。「今日は何があるんですか?」「あ、ライブがあるんです」「へえ、誰のですか?」「キスマイです。」「ほ~、そうなんですか~。」

キスマイですよ、奥さん。ガムのCM。妹が好きなのでたまたま知ってました。バスの中では案の定「やばいやばい!!!」「まじヤバい!!!」しか聞こえてきませんでした。わたくし、試験前なんですけど(^_^;)

不本意な「やばいやばい!!」多聴でナーバスにならなくて良かった。約70分で目的地到着。バスターミナルがショッピングビルの中にあってビックリ。とにかく目的地への正確な方向を見つけなければ、と受験票の地図を持ちビルを出て、噴水がある外エントランスをキョロキョロしながら歩いていると階段の存在に気付かずコケました。

会場の専門学校に到着。バスターミナルから徒歩7分と好立地な会場でした。そして11時になったので会場のロビーで腹ごしらえ。自作の鮭おにぎり2個と「集中力UP!!ブドウ糖チョコレート」を食べました。甘ったるいチョコだったので1個しか食べられませんでした。よくよく考えてみればおにぎりでブドウ糖は摂取できているのでわざわざチョコは必要ないのではないのか?と試験直前に要らぬ思考をしてしまいました。本番に向けて思考も省エネモードだったのに~。

お手洗いを済ませ、11時半になったのでいよいよ土俵入り。地下一階のホール。中規模は披露宴でもできそうな。天井には豪華な照明、床は暗めの赤いカーペット。その会場に場違いな長い会議机がズラリ。椅子はしつこいですけど、披露宴で使われそうなクッション機能付きの椅子。座布団持参したのですが必要ありませんでした。

心配していた会議机はやはり床と固定されていないので隣の人が消しゴム使うと激しく揺れました。私も結構揺らしました(^_^;)お隣は若い女性。前は初老の男性、後ろはCCBのドラマーみたいなカラフルな服装でキャップをかぶった男性、眼鏡はピンクでした。思わず二度見。

音テスト開始。会場の3つのスピーカーから音が出ました。シンプルに「ラジカセ一個でいきまっせ~」というスタイルが気に入っているので少し警戒モード。音は大きかったが小さいよりはマシなので問題なし。その後10分休憩で二度目の用を済ませ、ロビーでこそこそユンケル注入。

特にこれといった個性的な人はCCB以外は見つからず本番開始!!フォームは4JIC20マイナーでした。二度目のマイナーフォームです。ツウっぽく受験票で青シールを切ってみようかなと思いましたが、直前でいつものやり方を変えては今後のリズムに差し障るかも・・リスクはなるべく低くしなければ(←考えすぎ)とやはりいつもの手刀で決めて、ざざーっとパート1の写真に目を通して、パート3の下読みをしました。

*     *     *     *     *     *          

パート1・・前半は順調でした。後半3問位「?」と思う問題がありましたが消去法で切り抜けました。

パート2・・「かかってこいや~!!!!」といつものように喧嘩腰で挑み、30問あっという間に終わりました。以前は、パート2の問題が終わり次の問題までの「魔の数秒ポーズ」に雑念が入ってきていたのですが「かかってこいや~~!!」とポーズの間中何度も心の中で叫んでいるのでここ最近は集中力を切らさずにいい調子で終えています。  うーん、全体的に4問位自信ないです。

パート3、パート4・・5月TOEICで物議をかもしたイギリス人女性は登場しませんでした。そんなことを思い出せる暇もない位に先読みのリズム作りに専念しました。パート3の前半で3問くらいバタバタと落としているかもしれないです。追いつかれることはなかったんですが、少しモタついてマークしてしまったことが反省点です。パート4、皆目なにを言ってんだかというのはありませんでしたが、細かい内容までとなると自信がないです。

パート5・・初めの4~5問が易しめだったので順調な滑りだしでした。もちろん「へ!?なんだこりゃ、さっぱりわからないよ。」という問題も多々ありましたが、心の中に住んでいる「ぴあの塾」のみんなを思い出し、少しだけの約束で粘りました。接続詞やら副詞やらの混ざっている問題はSVの構造だけに意識を向けてそれっぽい選択肢を選びました。7割は出来たような気がします。

パート6・・暗誦しているパート6。今2セット完成させているのでそのご縁もあり、腰を据えるか据えないか、座るか座らないのか、いつでもダッシュで逃げられるぎりぎりの線で向き合いました。8問はいけたんちゃうかなw 時刻は14時12分、予定より5分おくれでパート7に突入。

パート7・・SP始めの大問3題は落とさないようにと自分に渇を入れました。でもSPの一番初めの問題で間違っているかも~(泣)これという根拠があいまいです。SPは口座関連の話題が2つ出てきました。あと通信端末の契約内容。通信セキュリティーのお知らせメール。読みやすそうなお店のチラシもありましたが、少々難しく感じました(ToT)
それでも何とか食らいつき、時計を見ると14時32分!SPのラスト2個は飛ばす決断をしてDPへ。メール往復のやりとりが2題も。点と点が線で繋がりやすいのでぴあのさんも得点源になると言われていたメール往復問題。ちょっと自信ないです。2択までは絞れるけど・・という状況が続き、最終的には罠に引っ掛かったかもしれないです。どうかかわしていますように!!
DPのラストから1つ前の大問の最後の問題を解いているところで残り5分になりました。ここで師匠から伝授していただいた秘策が満を持して登場!!結果、塗り絵回答を2つ減らすことが出来ました。それがなかったら塗り絵12問でしたので、ラスト5分で冷静に解ける問題に時間を充てて正解を一個でも増やすというテクは大成功でした。

そこで「終了時刻となりました。」

*       *       *       *       *

全体的な感想です。Lパートは音割れに違和感を感じながらも普段通りに出来ました。とにかく音が大きかったです(@_@;)(2日酔いの人がいたらあれは可哀想です) Rパート、何と言っても課題はパート7。時間制限があると誤答が増えます。「究極の模試」でもそうでした。常識の速度の一度読みで理解できる読解力をつけることが課題です。どうしたらいいんだろう。例えばSP4問を4分で解いたら2問誤答になるんだから、まずは5分30秒で全問正解目指して、それが達成したら5分、4分30秒と制限時間を短くしていくってのはどうなんだろう。

次のTOEICまで4カ月あるのでじっくり考えます。


そして今回はぴあの塾からの受験は私一人でました。少し心細いな~と感じていた試験前日、絶妙なタイミングで塾の交流板にぴあのさんが「mayleeさんがんばれ!」というスレッドを立ち上げてくれました。同期の仲間から温かい応援コメントとともに、気持ちをこう持て、緊張する時はこれを試してみてとアドバイスまでくれました。嬉しかったです。涙が出ました。メンタル面のアドバイスは本当にありがたく今日全て自分で試してみました。会場でツイッターをみると、ぴあのさんが私の受験につきそうママのように「パート3,4はとにかく先読みのリズムを大切に」とつぶやいてくださっており、「あ、そうだ、そうだよね、意識してリズムを作らなきゃ」とすっぽ抜けていたことを思い出させてくれました。応援してくれてありがとうございました。

家族にも感謝です。私の「夏TOEIC」は幕を閉じましたが、明日からは待ちに待った夏休みを楽しむ子供達のサポートに回ります。映画みたり、海連れて行ったりと体力と財力のせめぎ合いです。一気に老けそー(@_@;)


日曜日、TOEIC公開テストを受験された方お疲れさまでした。






スポンサーサイト

 | HOME |  OLD »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。