maylee's garden

~英語学習ときどき足踏みミシンでお裁縫~

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.13.Wed

♪うちでのこと♪


「きれいな景色が見たいな~」ということで先週の日曜日、市内の梅がたくさん植樹してある公園へ行きました。

3月中旬まで「梅まつり」が行われて週末は賑わいます。

近所の山なので朝8時前に到着して公園内を一周散歩して帰りました。

早かったので歩いているのは私たちだけ。

空気は澄みとてもきれいな景色を見ることが出来ました。

P1060334.jpg

*      *      *      *

物干し場に地植えしてあるクリスマスローズに花が付きました。

去年トムが買ってくれました。夏、トムに雑草と間違えて刈られてしまったのですが咲いてくれました。

P1060322.jpg

P1060321.jpg

下に向いて咲くお花が可憐です。クリスマスローズの開花時期が分からないトムは、しょっ中私に「ねえ、アレ咲いた?」と聞いては自分が刈ってしまったことを気にしてましたが、ちゃんと咲いてくれたのでトムに報告しました。

「愛の力だね」と凍りつくような発言をして私を困らせてくれました(爆)

ま、まあ、そうかもね。

*      *      *      *

13日は娘ポニョの7才の誕生日です。

プレゼントは祖父母担当で、親はプレゼントを買いません。

方針とかそんなものではなくて、なんとなくそうなってきて

毎年、親はバースデーケーキと子供の好きなお料理のみでお祝いという形になりました。

なので当日は、ピザ(クラストとピザソースは市販w)とポークソテーのフルーツソース、パエリヤ(炊くだけのやつw)というメニューです。

私も痛い思いをして産んだ日なので、白ワインのシャブリを自分に買います。

「明日はご馳走だから今夜はお腹を休ませようね~」と家族を丸めこみ、出費にそなえ前日は安上がりなうどんw。

お稲荷も作りました。でっかい三角油揚げがお店で半額だったので「デカ稲荷」も作ってみました。

写真右がデカ稲荷、左がノーマルサイズです。

P1060340.jpg


スポンサーサイト
2013.02.04.Mon

♪ホストファミリー体験記 その2♪

困ったのはテスト・・・。私も歴史プリントを見ながら、問題にこの年号がきたら答えはこれ!この人物名が出たらこれ!と付け焼刃もいいとこですがお手伝い。Nくんもまじめでギリギリまで勉強してました。出来る限り点を稼げる対策を取ったのですが、結果は欠点・・・。2人で大笑い!留学生は追試がないので良かったー。

3人の子供達はすぐにNくんに慣れました。Ryuは家から最寄りの駅までNくんと自転車で一緒に行って道を覚えるのを手伝ったり、ポニョは自分のギャグを披露してNくんを笑わせたり、3才だったぽんすけはNくんのそばにいることが多くなりました。夫は手があいた時はNくんのお弁当を作ったり、自転車がパンクするとすぐに修理してくれたりとなかなかよろしい動きを見せて、私は夫を見直したのでした(爆)

家族旅行、部活の遠征合宿、被災地へボランティア活動であっという間に我が家での月日は流れ、Nくんの帰国がせまってきました。帰国2週間前になるとRyuは少し不機嫌になりました。お別れをするのは仕方ないと分かっていても淋しかったんだろうな。私は「Nくんに最後まで明るく過ごさせてあげよう。」とRyuに言いました。

別れの日、ポニョはNくんにお手紙を書きました。Ryuもポニョの手紙の最後に何か書いたようでした。駅まで向かう車の中で渡してました。あれは楽しかった~とかあれびっくりした~や忘れ物ないかな~とか言いながら「すぐ戻ってくるよ、バイト頑張るから」と話していました。

夫はその日仕事で朝Nくんにお別れをしていたのですが、途中で抜けて駅まで来てました。
駅にはNくんを見送るたくさんのお友達、担任の先生、部活の先生が駆け付けていました。(中に女の子が一人!!)Nくんに友達がたくさん出来ていて私も本当に嬉しかったです。ホームでは友達が盛り上げてくれ、まるでどこぞへ赴く若者のようでしたw。

子供達は車の中でお別れをしていたので駅では私の横にぴったりくっついてました。電車のドアが閉まる時、満を持してか、夫に抱かれていたぽんすけがおっきい声で「Nくんばいばーい!!」と手をブンブンふりながら言った瞬間、私はぶわ~~っと涙があふれてきました。Nくん、楽しい時間をありがとう。子供たちと遊んでくれてありがとう。お弁当を毎日きれいに食べてくれてありがとう。どうかこれから素晴らしい人生を歩んでね、と心の中で願いました。

*     *     *     *

見送りを終え家に帰り、玄関を開けるとRyuが「あっ、Nくんサンダル忘れてる!」
あ~ほんとだ~。Nくんはよく忘れ物したけど、最後まで忘れたね~と笑いました。

*     *     *     *


昨夜、無事に帰国したとNくんから電話がありました。開口一番Ryuが「Nくんサンダルわすれてるよ~。」と報告してましたw。あ~忘れ物ないと思ったのに~。また行くからあづかっといて~とRyuに言ったようでした。

世界は広いけど電話口で声を聞くとまたすぐ会える気がして何だか不思議。
人との出会いって素敵だな~。ご飯準備したり、洗濯したりと大変なこともありましたが、ホストファミリーやって良かったです!!

「ホストファミリー体験記」でした。 

 ー完ー




2013.02.04.Mon

♪ホストファミリー体験記 その1♪

先週土曜日、6か月の間家族の一員として迎えていた、アメリカ人の17才の男の子が10ヶ月間に渡る日本での高校留学生活を終えて帰国しました。

ボランティアのホストファミリーの話が持ち上がったのは、昨年6月のこと。ホストファミリー経験のある母親の友人から私に「来日3カ月でホストチェンジしないといけない男の子がいるんだけど、次のホストが見つからなくて困ってるの。やってみない??」と持ちかけられたのがきっかけでした。始めのお宅は最初の3カ月間のみお世話するウエルカムホストでした。受験生の子供さんがいてどうしても3カ月しかお世話ができなかったそうです。

ホストファミリーはボランティアなので、留学生の毎日の食事、光熱費、生活雑貨はできるだけ家族で共有して使う等条件があり正直悩みました。決して余裕がある家計ではないけれど、まだ子供の教育費も軽く済んでいる今なら出来るかもしれないと思いました。

私自身も豪州で半年ホームステイをしたことがありました。3人子供がいるとても明るい家庭で、偶然にも私の今の状況と同じなので、あの時お世話になった家族に恩返しが出来るかなという気持ちを抱きつつも、知らない人が家族の生活に入ってくるんだから夫や子供達に負担もかかるだろうし、どうしよう~と数日悩みましたが「やってみたい」という気持ちの方が勝り、夫に話しました。

夫は三人兄弟の真ん中で、家にたくさん人が出入りする家柄で育っていたので「経済的に大丈夫そうならええよ~。子供も喜ぶかもね。」とあっけなくOK。嬉しかったです。トントン拍子に話がすすみ、ホストファミリーの話が舞い込んでから1カ月、留学をあっせんしている公益財団法人の方のホストファミリー宅への家庭訪問をパスして
7月の終わり、お世話係のボランティアさんに連れられてNくんがでっかいスーツケースを持って我が家へやってきました。

お母さんが日本人とのことで、顔立ちや姿はほぼ私たちと変わらず日本語も小1のポニョより上手で(爆)会話は全て日本語で通しました。息子「Nくんみたいなアメリカ人もいるんだね~」と興味しんしん。何せ急だったもので荷物置き場にしていた4畳半の部屋をNくん用にするためにみんなで掃除することから始めました。

Nくんが大人しくて心配したのは初めだけで、我が家に慣れてくるとたくさんお喋りをするようになりました。留学先を日本にした理由、アニメが大好きなこと、犬を飼っていること、家はプールが付いていると聞いて我が家の子供はビビっていました。プール付きの家はアメリカでは珍しくないというのは子供たちにとってカルチャーショックだったようです。

部活にも入り一生懸命頑張ってました。中でも一番練習のキツイ運動部に入ってしまったこともあり、弱音を吐いたこともありましたが、そこは夫の出番で「限られた日本での留学生活なんだから、Nのやりたいことを優先させた方がいい」とキッパリ言いました。本人の話を聞くと、クラスメートとカードゲームしたり、カラオケに行きたいのに部活で自分だけ参加できない、と悩んでいたのでした。そこは正直に部活の顧問の先生に話して部活を軽くしてもらえるように頼んでごらんと背中を押し、自分で先生に交渉して日曜日は部活をお休みすることにしてもらいました。

困ったのはテストです。特に日本史と古文!日本語は話せても読めないので、テスト週間は私も勉強を手伝いました。



「ホストファミリー体験記 その2」に続く・・・。


2012.08.17.Fri

♪夏休みもあと2週間!?♪

バタバタしてたらもう小学生組の夏休みも残すとこ2週間になってしまいました。

明日はPTAの奉仕作業、草むしりしてきます。

夫の方は9連休中!!!((+_+))

「家にいてもお金使うだけだから潜ってくる」と言い残し海へ。

P1050718.jpg

何とサザエ、セト貝、あわびを捕ってきました。

ヒャッホー! ありがと夫。 明日は海鮮バーベキュー♪

セト貝を開けていた夫が「あ、真珠みたいなのがある。」

??セト貝に??

P1050720.jpg

ホントだー!!すごい! 初めて見ましたセト貝に真珠。

残念ながら真珠は貝と癒着していて取れませんでした。

貝殻ごときれいに洗って記念にとっておきます♪

*     *     *     *

夏休み中、英語の勉強はあまりはかどってません。泣

毎週水曜日に通っている英検準一級対策クラスの宿題だけで精一杯が現状です。

割り切って宿題とレッスンだけはキッチリとやることにしました。

エプロン3着製作のお裁縫の仕事もあと1着で上がりです♪

P1050603.jpg

TOEIC公式問題集vol4。夏休み明けまで(本屋で)待ってておくれー。



あ、間違えたvol.5ね。



2012.07.06.Fri

♪先生ありがとう♪

先日、短大の時にお世話になった恩師の研究室を訪ねました。

私が通った女子短期大学は数年前に閉校しましたが、同じ敷地内にあった大学が建物を引き継ぎ、

その先生も大学で教えるようになり、さらに山を上ったとこにある高専で英語とTOEICを教えています。

私がTOEICを受ける時にも、電話でいろいろと話を聞いてもらってました。

その後スコア結果を報告しRをのばすために今後も頑張っていく、と話したら

先生の私物でTOEICの使わなくなったテキスト類を数冊譲ってくれるとのこと!!

マジすか~(感涙)!!!テキスト代浮いた~!!しかもCD付き!!

今年はこれで楽しめるっ!! 感謝です!! 散々お礼を言いホクホク帰宅。

11月もう一度TOEICを受けようかな~とテキスト見ながら燃えてきたんですが、

11月は夫の祖母の法事の手配で忙しそうだし、

12月のポニョのピアノ発表会の衣装作りも丁寧に取り組みたいし(これは趣味)、

去年みたいに親子連弾になったら私も笑われないくらいには練習しないといけないし・・・。

やっぱりムリですね。 

*     *     *     *

お裁縫の話を少し。

あるスポ少のおかかえ針子になっている私ですが、

今月は新しいメンバーさんがたくさん入ったみたいでおそろいのネッカチーフを

8枚縫うように頼まれました。

スポ少関係の保護者は送迎や行事当番とけっこう忙しいんですよね。

お裁縫関係は私がお手伝いして負担を軽減してあげられたらと思います。








 | HOME |  OLD »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。